こんにちは!
まーちゃるです。

久しぶりに栃木までお出かけしてきました!
最近少し暖かくなったせいか、天気もスッキリしない日が多くなってきましたが、なんとか一晩快晴をGET出来てなかなか充実の遠征となりました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

今回の遠征では暗くなる少し前に到着したものの既に2人の同好の士とぴんたんさん、少し遅れてmdhn1999さん久々にお会いできたひろたろうさん、さらに遅れてシュミットさんと狭い栃木の撮影場所に7人と大賑わいでした(^-^)

最近仕事も忙しく、色々ストレスもマッハですがやっぱり遠征して満天の星空の下で撮影していると体の中から悪い何かが出ていってとってもスッキリ出来ました✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

で。今回撮影したのは春の銀河祭りと言えば?って問えば何人かは挙げるであろうM106。
一昨年にも撮りましたが、前回はデジカメ、今回は冷却CCDと撮り比べてみようかと思って久々にQSI583WSを登場させました(^-^)

E69A8A51-3309-473A-BC1D-E65CBE06B8B2

撮影地 栃木県栃木市
対象 M106
鏡筒 R200SS + コレクターPH f=760 F3.8
架台 EM200TEMMA2Z
カメラ QSI583WS
ガイド鏡 GT-40
ガイドカメラ QHY5LII-M
Luminance 300秒×44枚 220分
Luminance 10秒×20枚 3分20秒
R 300秒×10枚(bin2)50分
G 300秒×10枚(bin2)50分
B 300秒×10枚(bin2)50分
総露光時間6時間13分20秒
MaxImDL:ダーク/フラット処理/スタック処理
PixInsight:アライメント
FlatAidePro:RGB合成/デジタル(対数)現像/カブリ補正
PSCC:画像処理

まあ、やっぱりCCDはとっても色が出やすいなって感じですね(^-^)
ただ、やっぱり淡い部分のノイズ感が残るのでちょっとLを撮り増ししたいのと、赤ポチポチが欲しいのでHaも撮ろうかな。
微恒星の色はちょっと不満なので投稿版は少し手直し要ですね(^^;;

ところで。Yahooブログサービス終了ですか…
う~む…どうしようかなぁ( •᷄⌓•᷅ )੨੨