こんにちは!
まーちゃるです。

えーっと、タイトルにあるように新しい仲間がやって来ました!
この仲間はですね、正直過去に色々あってどうなんだろうか?って思ってたやつなんですが、今回仲間に迎えるにあたり十分な検証をする機会がありまして。
検証の結果
うむ!問題なかろう!
という結論に至りまして。
晴れてまーちゃる家の仲間に迎え入れることになりました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

で、早速ですが。
新しい仲間は…
ででん!(久しぶり)



ZWO ASI1600MM COOL!!
PROじゃないよ、COOLね。
まあ正直USB3.0で接続してるし、動画撮るわけじゃないのでバッファーメモリー要らないし、筐体はPROモデルと共通のモデルだし、COOLでも問題無し。
コレで所持するZWO製品は1600MM-COOLと183MM-PROの2つ…



まあ、この2つはFWも兼用だし、フィルターも同じだし、なかなか使い勝手は良さそうです。

で。
まあ、この1600MM-COOLですが。
まず、以前の僕のぶっ壊れ1600MM-PROと比較してみると…



まあ、どっちがどっちかは説明もいらないと思いますが、こんな感じで。
クールピクセルについては以前の何度修理に出しても直ってこなかった1600MM-PROと比べると圧倒的に良いです(^-^)
でも、チェッカー状の輝度ムラが気になるところですね。
ということで、183MMと比較してみると



左が183MM、右が1600MMです。
なんて言うか、183MMの輝度の均一性は全くもって素晴らしいとしか言えませんが。

ただ、183の輝度幅が500程度で1600MMの輝度幅が2000近くありますが、そもそも撮影条件が違っていて、183はFSQの直焦点、1600MMはFSQ+RDで撮影してるので1600MMではRDによる周辺光量落ちの影響を受けているのと、そもそもセンサーが183に比べると大きいのでより周辺光量落ちで周辺部の輝度が落ちているのでその影響があります。
それがどれ位かは分からないですが、全体を見た感じだとチェッカー状の輝度ムラの分183よりは幅が広くなっているのではないかな?という印象なのでレンジで400~500くらい、実力で輝度幅は183の500に対して1600MMは1000位なのかなって感じです。

で、実写で検証してみますと…
手賀沼ローズのOIIIですが。
雲通過ありのわずか50分の露光なのでザラザラですが、こんな感じでして。



輝度が平坦な部分でチェッカーが悪さしないかな?と思って見てる時に思ったんですが、そもそもディザ撮影してるからチェッカーが平均化されるのと、ショットノイズのゆらぎの方が大きいから全く関係ないじゃん!!って結論に至りまして(厳密には全くではないですが)。
めでたく採用が決定した次第でした(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

というわけで。
以前散々お騒がせしましたが、めでたくASI1600MM COOL、使えることが判明しました(^^;;
チェッカー状の輝度ムラが気持ち悪いと思ってあるあなた!
ディザしてれば関係ないから気にするのをやめましょう(^-^)

さあ、1600MM!期待してるのでバンバン活躍してね!
でもQSI583WS余っちゃうな…どうしよう( •᷄⌓•᷅ )੨੨
ヤフオクか!?(° ꈊ °)✧キラーン
だがしかし、とっておきたい気持ちも…悩む(ノД`)