おはようございます!
まーちゃるです。

ブログの一言コメントにも書いてありますが。
最近ですね、ちょっと調子に乗りすぎたか。
散財がですね、止まらないです。
ひとつひとつはそれほどダメージ無いのですが、つもってダメージが来るって感じですね。

で。
今日はその金銭的なダメージを受ける原因となった工作のお話です。

まあ、今回フルサイズ導入ということで。
各方面より
「フラット合わないよ~」
「フルサイズ、大変だよ~」
と。
まあ、結構脅されてですね。
怖いなぁと。
じゃあ、対策を先に打っておけばいいんじゃ無いだろうか?と。

フルサイズで困るといえば。
まあ、ググったわけですが。
みなさん口を揃えて
「フラット合わねー!」
と仰っているわけですね。

じゃあ、ちゃんとフラット合わせて作品にしている方々はどうしているか調べてみると。
みなさん全員では無いものの、フラット用の照明装置を準備していらっしゃることが多いと。
なんだ。
じゃあ、フラット用の面発光照明があればいいのかと。
そう思いまして、こんなの買いました。



270mmx270mm角形ELパネル+調光機能付きインバータ。
送料、消費税込みで12312円となります。
このサイズにしたのは、R200SSにも使えるから。
調光機能は今にして思えば必要なかったかな。
まあ、どうしても露光を減らしたい時には使えるのでいいでしょう!

アイティ アソシエーツ株式会社さんからの購入です。
http://www.it-as.net/index.html
↑こちらですね。

この会社、面白いというか今まで購入してきたお店とは一味違いました。
購入依頼のメールを出すと品物送ってきます。
で、使えそうだったらお金払ってね!っていうシステム。
メールのレスポンスも素晴らしく早いし、製品の質やあまりよろしくない点をしっかり最初に説明してくれます。
とても誠意が感じられたので意地でも使いこなして返品なんかしないぞと!
そう心に誓いました。

で、まあお決まりのケーヨーD2に行きましてもろもろ買ってまいりました。



ね、こういうのがチリツモなんですよ!
こういう小物って意外とお金かかる!
まあ、しょうがないけどね!

買ってきたのはアクリル板、塩ビ板、5%透過UVカットフィルム、アクリル用カッター、上質紙模造紙、2液接着剤、ゴムヘラ。
こんなもんかな?

アクリル板を30cm×30cmに切り出しまして。
4辺に12mm幅に切ったアクリル板貼り付けていきます。。
その後アクリル板の両面に遮光フィルム貼り付けて。
これで透過率0.25%かな。
更にアクリル板に模造紙から切り出した紙を敷き、新品のコンビニ袋から27cm角にビニールを切り出して、紙の上に敷きます。
(今にして思えばビニールと紙の順番は逆だった)
更にこの上にELシートを置きます。
紙が結構遮光するので透過率は0.1%以下とかになっているでしょう
ELシートの上にはスペース埋めの為の紙を敷き、塩ビ板をアクリル板裏から接着すると、こんな感じになります。



まあ、忙しすぎてほとんど写真撮ってなかったことに後から気付いたわけなんですが。

完成して。
暗闇で光らせてみる。



分かるかな?
うっすら光っているシートをマイサンが持っています。
ここのページを見に来る方は強調処理はお得意だと思うので処理してみてください(笑)
まあ、フラッシュたいて撮るとこんな感じですね



これでも光ってます。
うっすら。

なんでこんなうっすらか?
シャッター速度を10秒以上にしたかったから。

6Dってミラーボックスのケラレがあります。
長時間露光時はケラレている部分が暗く落ち込みます。
で、フラットを撮るときに短時間露光しようとするとどうやらそのケラレの原因であるミラーの動きが止まる前に電子先幕が開いてる…らしいのです。
露光時間が短いと正しくケラレていない時間の割合が多くなります。
よって1秒とかの短時間露光ではフラットが合わなくなるので20秒くらい開けたかったのです。
これでミラーアップ撮影すれば恐らくですがフラットは合うはず!

で、試したかったのですが。
6Dは今改造に出ていて無いので、代わりにX3にEF-Sレンズ付けてフラットを撮ってみました。




PhotoshopCCでそのまま現像しただけです。
ISO100 F5.0 シャッター速度20秒です。
カラーバランスが青寄りです。
まあ、スカイフラットもこんな感じの色なのでいいでしょう。
赤の補正はちょっと気になるところですが。
肝心の発光ムラですが。
等光度曲線を表示してみると。



ちょっと歪んではいますが。
やっすいEF-Sレンズなのでこんなものかも…と思いますのでまずは発光ムラは大丈夫なのかなと。

で、一応カラーバランス合わせて、切り詰めて強調してみると。



え?なにこの赤っぽいシミみたいの!?
超気になる…
6Dが戻ってきたらすぐさま確認しなくては。

というところまでで1日終了。
結局1日かかっちゃった。
ひとまず休憩して自作フラット用ELパネルを記念撮影。




…彼はなぜそこまでして写ろうとするのだろうか…?

とにかく。
なんとか使えそうではあるので。
お金振り込んでこよう!