こんにちは!

まーちゃるです。

3Dプリンターのおかげで夏休みは大忙しです(笑)


さて、前回の記事でレンズフードを作成したわけですが。

雲監視カメラをどこに置くのか!?という問題を解決するために、雲監視カメラ用に再びモデルをササッと作りまして。

8AC5848D-A090-41A7-9E1F-B91116BB541B

最初は鏡筒バンドみたいにしようかと思ったんですが、まあ造形も難しくなるし、造形失敗のリスクを軽減するため&一体型で構造体としての壊れにくさを優先してこんな形になりました(*•̀•́*)و ̑̑


早速プリントして。

EF032523-8975-4976-BFCC-39B6DFBF4E2D

支持部には植毛紙を貼り付けてカメラ保護&滑り止めしつつ。

固定のための結束バンドを通して。

33B54AAB-4C3D-49B5-8695-48DF3152E566

その上にQHY5LII-Mを乗せて固定します。
EE43ABBB-13E7-4829-BA07-76835CA4E7FE
基本的に締め付けでホルダーに応力を掛けないように構成されてます(^-^)


んで。

部品が届いたのでフードに直角ニップルを取り付けて合体!

07A44D35-C9FA-4617-84F6-D454A057F777

んー!!カッコイイ!

あとはチューブガイド作って、配管もかっこよく!(*´ω*)


色々やることあって夏休みが足りないです(笑)